イスラエルと私たち

 アダムの堕落から罪に堕ちた全人類を救済するために、神様はあるご計画をお立てになりました。そのご計画とは、神様がイスラエルに与えられた契約を通して、ユダヤ人と異邦人の両方を救うというご計画です。実は、イスラエルは私たちと無関係な民族ではなく、私たち異邦人と大いに関係がある民族なのです。

 聖書にある契約で、イスラエルに与えられた契約は五つあります。その内の四つがまだ有効な契約で、それは、①アブラハム契約、②土地の契約、③ダビデ契約、④新しい契約です。残りのもう一つの契約はモーセ契約で、それはイエスの初臨によってすでに成就しています。 そして、 まだ有効なイスラエルに与えられた四つの契約の一部に、私たち異邦人は関係しているのです。特に注意したいことは、私たちがイエスを信じることで結ばれる④新しい契約は、イスラエルに与えられた契約であるということです。

アブラハム契約

主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。あなたを祝福する人をわたしは祝福し/あなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る。」創世記12:1~3

 主なる神様は、イスラエルの先祖であるアブラム(後のアブラハム)に、全世界の人々はアブラハムの子孫によって祝福を受けることを告げられました。それが「地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る」という意味です。新約の時代に入って、パウロはこのアブラハム契約についてガラテヤ書で次のように話しています。

聖書は、神が異邦人を信仰によって義となさることを見越して、「あなたのゆえに異邦人は皆祝福される」という福音をアブラハムに予告しました。それで、信仰によって生きる人々は、信仰の人アブラハムと共に祝福されています。ガラテヤ3:8、9

  神様はこの約束を、後にアブラハムの子孫としてお生まれになるイエスにおいて成就されたのです。それについては、以下の聖書箇所から確認ができます。

ところで、アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、キリストのことです。ガラテヤ3:16

 このように、神様は人間の中でアブラハムを選び出して、そこからイスラエル民族を作り出し、そのイスラエルに祝福の契約を与え、更にその契約の延長線上に約束の子孫イエス キリストを置かれました。そして、将来イエスを信じた異邦人は、イスラエルに与えられた契約の*一部にユダヤ人と一緒に与れるようにされたのです。この契約継承の流れの理解は、神様による人類救済のご計画の全体像を知るためには大変重要な鍵となります。 *一部というのは、イスラエルに与えられた契約の全部に異邦人が与っているわけではないからです。

 神様はアブラハム契約で、イスラエルに様々な祝福の約束をされましたが、それを大きくまとめると三つに分けられます。その三つとは、①土地について ②子孫について ③霊的祝福についてです。このアブラハム契約の三つの内容が、後の、土地の契約、ダビデ契約、新しい契約に展開されて行くことになります。そして、異邦人が与ることになるのは、③霊的祝福の部分です

土地の契約

これから述べるのは、主が、ホレブで彼らと結ばれた契約とは別にモアブの地でモーセに命じられてイスラエルの人々と結ばせた契約の言葉である・・・あなたの神、主は、かつてあなたの先祖のものであった土地にあなたを導き入れ、これを得させ、幸いにし、あなたの数を先祖よりも増やされる。・・・申命記28:69、30:5~10

 土地の契約は、アブラハム契約の中の、特に土地についての祝福を展開しています。その内容は、将来イスラエルは、神様が与えると約束された範囲の土地全部(エジプトの川から大河ユーフラテスまで/創世記15:18)を獲得するというものです。現在、その約束はまだ成就されておらず、イスラエルはパレスチナ問題の中にいます。この約束は、将来のメシア的王国(千年王国)において、地上で成就することになります。

ダビデ契約

わたしはあなたに告げる。主が、あなたのために家を建てる。あなたが生涯を終え、先祖のもとに行くとき、あなたの子孫、あなたの子の一人に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。この者がわたしのために家を建て、わたしは彼の王座をとこしえに堅く据える。わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。わたしはあなたに先立つ者から取り去ったように、彼から慈しみを取り去りはしない。わたしは彼をとこしえにわたしの家とわたしの王国の中に立てる。彼の王座はとこしえに堅く据えられる。」ナタンはこれらの言葉をすべてそのまま、この幻のとおりにダビデに告げた。Ⅰ歴代誌17:10b~15

 ダビデ契約は、アブラハム契約の中の、特に子孫についての祝福を展開しています。その内容は、メシアはアブラハムの子孫で、ダビデの家系から出るというものです。そのメシアこそ、イエスです。このイエスは、将来の再臨の時にはイスラエルの王の座、ダビデの王座に着かれ、メシア的王国(千年王国)を統治されることになります。

新しい契約

見よ、わたしがイスラエルの家、ユダの家と新しい契約を結ぶ日が来る、と主は言われる。この契約は、かつてわたしが彼らの先祖の手を取ってエジプトの地から導き出したときに結んだものではない。わたしが彼らの主人であったにもかかわらず、彼らはこの契約を破った、と主は言われる。 しかし、来るべき日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである、と主は言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。そのとき、人々は隣人どうし、兄弟どうし、「主を知れ」と言って教えることはない。彼らはすべて、小さい者も大きい者もわたしを知るからである、と主は言われる。わたしは彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはない。エレミヤ31:31~34

 
このエレミヤが預言した新しい契約は、アブラハム契約の中の霊的祝福について展開しています。繰り返しますが、この新しい契約はイスラエルに与えられた契約であるということです。このイスラエルに対する新しい契約の成就は、将来のキリスト再臨によって建てられるメシア的王国(千年王国)において成就されます。そして、この新しい契約に、私たち異邦人もイエスを通して与ることになるのです。

イエスによる新しい契約への言及

食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。ルカ22:20

 イエスは、私達が正餐式で飲むぶどう酒の杯を、新しい契約のしるしとして与えられました。聖霊によって将来の救いの保証を与えられた信者は、ユダヤ人であろうと、異邦人であろうと、この新しい契約によって、将来のキリスト再臨によって建てられるメシア的王国(千年王国)に招かれることになるのです。

まとめ

この計画は、キリスト以前の時代には人の子らに知らされていませんでしたが、今や"霊"によって、キリストの聖なる使徒たちや預言者たちに啓示されました。 すなわち、異邦人が福音によってキリスト・イエスにおいて、約束されたものを*わたしたちと一緒に受け継ぐ者、同じ体に属する者、同じ約束にあずかる者となるということです。エフェソ3:5、6
*わたしたちと一緒に=ユダヤ人と一緒に

 私たち異邦人は、神様がイスラエルに与えられた契約の一部に与っています。そして、将来のキリストの再臨によって、その契約内容はすべて成就されることになります。